2019/08/04

市民の誰もが立ち寄れる事業創発拠点

とかちのやりたい実現カフェ「LAND」

(北海道帯広市)

  


 

“とかちのやりたい実現カフェ”に込めた想い

 
 食糧自給率が1000%を越える十勝地域では、近年、新しい仕事づくり、経営者・新事業の創出を目指して、「十勝イノベーションプログラム」をはじめとしたさまざまなプログラムが進められ、地域の人々が主体となったビジネスが数多く生まれていました。一方で、参加者が日常的に交流を図れる場をつくり、プログラムをより活性化させていくことが、求められるようになっていました。
 

 
 そのようなときに、このプロジェクトの依頼をいただきました。このような場合、特定の起業家を目指す人々が集う、「起業家カフェ」のような施設がつくられがちですが、私たちはまず、それが本当にエリア全体の起業マインドを創発しうるのかという疑問を持ちました。年齢や立場に関わらず、全ての十勝の人々には“小さなやりたい”ことが潜在的にあるはずです。とかちのあまねく人々が気軽に立ち寄ることができ、それらを実現させてあげられる“場”をつくることこそが、十勝の新しい仕事づくりを根底から支えるものになり得ると考えました。
 

  

20メートルの奥行きにつくられた6つのスペース

 

 
 スペースを構える場所として決定したのは、帯広駅前のメインの通り、まさにそこから街がはじまる“まちの入口”に建つビルの1階でした。間口約6.5メートル、奥行き約20メートル、約200平米の空間に、私たちは、土間スペース、巨大なキッチンカウンターを備えたフロアスペース、一段上がった喫茶スペースに、一番奥には靴を脱ぐスペース、その裏にはDIYも可能で籠もることができるスペース、奥には完全個室の打合せ室など、いくつもの個性的なスペースをつくりました。
 どれも、個別に使うことも、組み合わせて使うことも可能です。また、利用者の皆さんに想像力豊かに使い方を見立ててもらえるように、それぞれの空間や家具のスケール、質感、色に至るすべてを、設計者の石井大吾さんと共に決定していきました。ここでも「喫茶ランドリー」と同じく、ここで何かをやってみたくなるデザインの要素をそこかしこに散りばめています。
 

 

空間の使い方と連動したネーミングとサイン計画

 
 今回のプロジェクトでは、ネーミングやロゴデザインについても監修させていただきました。同時にそれらのサインをインテリアの中で、どのように機能させるのか、それが利用者の能動性をどう発露させうるのか、というところまでを考慮しました。
 

 

 

 

 
 今回のプロジェクトとは、アルプス技研創業者の松井利夫最高顧問が帯広市に寄せた寄付金の一部を活用してつくられました。スペースのデザインはもちろんのこと、ネーミングやロゴ等については、松井最高顧問や米沢則寿帯広市長との対話も経て、つくられたものとなります。
 

施設を運営していく全職員が「喫茶ランドリー」で研修

 
 ハードやソフトの整備だけでは、その場にさまざまな出来事を起こしていくことは、ほぼ不可能と私たちは考えます。つまり、その場にいらした人々と、具体的に、どのような感じでコミュニケーションを自然に取り合うのか、その過程で、ひとの能動的な側面を見つけ、引き出してあげるのか。その部分の人間的なやりとりなしに、場の成熟はあり得ません。そこで、自社で運営している「喫茶ランドリー」で、「LAND」で働くことになる全財団職員が研修を行い、現場でのお客さんとの交流を体現することで、「LAND」でのコミュニケーションのありかたを考えるきっかけとしていただきました。
 

 

とかちの人を、とかちのまちを変えていく拠点として

 
 2019年7月31日に関係者向け内覧会が、8月4日に市民向けオープニングイベントが開催されました。その翌日から、通常営業となり、さっそくさまざまなイベントごとに使っていただいたり、またカフェとして利用いただく方も少しずつ増えてきているそうです。日頃の様子は下記SNSでも確認をすることができます。子どもたちと一緒に来る地元のママさん、周囲で働くサラリーマン、帯広の大学生たち、そして起業を目指す人たち、さまざまなとかちの人々が、日常的にここに居て、そして少しずつやりたいことを実現していく。その積み重ねあら、新しい十勝のカラーが生まれてくることでしょう。
 
事業創発拠点「LAND」インスタグラム
https://www.instagram.com/land.tokachi/
 

事業主体:財団法人とかち財団
コンサルティング:株式会社グランドレベル
設計・監理:石井大吾デザイン室一級建築士事務所
施工: 株式会社ヨシダホーム
家具・建具:グリーン商会
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ground Level × Acttiveness

土地・建物の再生

その土地にはどのような建物があるべきか、事業性と地域貢献度を最大限に高めたデザインを発明します。

施設・再開発の発明

幸福度・健康度を上げる、新しいカタチの施設・再開発づくりを創造します。人々がどこまで能動的になれるのか。

地域の拠点づくり

洗練さとダサさは人を寄せ付けません。まちに暮らす多様な人々が自然に寄り添いたくなるような拠点をデザインします。

喫茶ランドリー事業

「喫茶ランドリー」のような場をつくりたい、持ちたい、運営したい個人、組織、企業のオーナー様を完全サポート。

プレイスメイキング

賑わいをつくるだけではなく、そこに居るすべての人々がプレイヤーに転換してしまうような日常の「場」を創造します。

公共空間活用

特定することなく、あまねく人々を受け入れる。誰もが最高に心地よい空間で、自由に過ごせる風景をしっかりと実現させます。

集住の1階づくり

集住の1階に必要なのは、豪華なロビーではありません。暮らす人々が日常的に居られる場所が求められます。

住宅設計/宅地開発

地域との関わりがアクティブになり、良質な暮らしやすさを獲得できる。まちに開いた1階を持つ住宅を。

ベンチでまちづくり

人が暮らすまちに必要な最低限のインフラがベンチ。まちに暮らす人々を可視化させる最強ツールでまちを変える。

コミュニティ醸成

コミュニティが希薄な「場」に、パーソナル屋台ワークショップにより小さな育みのきっかけを埋め込んでいきます。

公園リノベーション

公園に求められるのは、すべての人にひらかれ、自由に過ごすことができること。全てはデザインによって解決できます。

歩行空間のデザイン

ピカソが絵に描きたくなるような歩行空間をつくるには、まちの1階との連動性と、関わる人々の能動性がポイントです。

グランドビジョンの策定

まち・都市を更新していく上で、もっとも大切なグランドビジョンに、人間を中心とした補助線のデザインを。

日常型観光プロデュース

日々淡々と存在する暮らしの積層こそが、そのエリアの観光資源に。世界のトレンドである日常型観光をつくります。

CSRプロジェクト

企業や組織による地域や社会への貢献プロジェクトを「1階づくりはまちづくり」を軸に構想、実現させていきます。