何をする会社なの?

グランドレベルを整えて、
まち・社会・企業の問題を解決する.



グランドレベルは、「1階づくりはまちづくり」という考えのもと、まち・社会・企業の課題を解決するためのクオリティの高いグランドレベルを創る会社です。



私たちは、マンション、オフィスビル、商業・公共施設などの、あらゆる建物の「1階」や、公園、公開空地、駐車場、歩道などの「パブリックスペース」、まちで目に飛び込む、地面に広がるすべての光景をまとめて、「グランドレベル」と定義します。

まちは、グランドレベルにあるのです。

グッドグランドレベルは、
お金もコミュニティも生み出す.





私たちはこれまで、日本はもちろん、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、アメリカ、中東など、世界20ヵ国以上のさまざまな都市を歩き、魅力的なグランドレベル、日常的な自然な賑わいが、どのようなデザインやルールによってつくられているのかを観察してきました。


また、日々世界各国の事例リサーチを重ねています。



そこでわかったことは、日本のあらゆるグランドレベルは、ポテンシャルのほとんどを発揮できていないということでした。軒先から都市計画まで、その伸びしろはだくさんある。クオリティは、もっともっと高めることができるのです。



それでは、グランドレベルのクオリティを高めることができれば、何が変わるのでしょうか。何よりもまず、集客が上がります。 そして、グッドグランドレベルの連鎖がはじまると、まちにおける人々の滞在時間が増え、行動範囲は広がっていきます。全体としての経済効果は相乗的に高まっていきます。


効果はそれだけではありません。一方で、人々の交流機会が増えていきます。地域コミュニティの密度身心の健康度も高まっていきます。そして最終的には、さまざまな社会問題の抑止と、幸福度の向上へととつながります。

つまり、グランドレベルの成熟度は、人間がすむまちに根本的に求められるものなのです。

グッドグランドレベルを創る
3つのポイント


クオリティの高いグランドレベルをつくるために、私たちは、「デザイン」「マネジメント」「ファシリテーション」3つのポイントに重点を置きます

「デザイン」

パフォーマンスの高いグランドレベルの「デザイン」は、 わかりやすく言うと、思わず写真を撮りたくなるような風景でなくてはいけません。しかし、それは単純にモノのデザインだけではつくることができません。そこにはさらに、使用者・利用者が、能動的にいきいきと使いたくなってしまう“補助線のデザイン”が必須なのです。“補助線のデザイン”によってグランドレベルに命が吹き込まれます。
私たちは、これまでの日本や世界の “補助線のデザイン”についての研究を活かして、それぞれの状況に対応して、デザインを行っていきます。場合によっては、私たちのこれまでのネットワークを活かして、対象に最適の設計者やデザイナー等を的確にセレクトし、チームをつくっていきます。

プロジェクトごとに、下記のような職種の方々をつなぎ、チームとして取り組むことが可能です。デザイナー、建築家、アートディレクター、家具デザイナー、まちづくり専門家、ウェブデザイナー、 ランドスケーパー、不動産専門家など。

「マネジメント」

「マネジメント」も大切です。これは、課題に取り組む時点から、使われはじめたあとの日々の管理や運用までを一気通貫で捉えた仕組みをつくることです。どのグランドレベルも、完成したときこそがスタート。そこで働き、管理し、仕掛けていく人々にとって、どのような仕組みがあれば、楽しい風景がを日常につくり続けることができるかを考えていきます。また、この中にはリーシングも含まれます。その1階にあるべき施設を考え、パブリックマインド溢れる事業主をマッチングさせていきます。

「ファシリテーション」

「ファシリテーション」が、最後のキモ。これは対象のグランドレベルを使用者・利用者が、より能動的に自由に使ってもらうために、背中をちょっと押してあげることです。その場に応じたワークショップやイベントを企画・実施することで、それを実現させていきます。私たちの手を離れたとき、そのグランドレベルに人々の能動的な営みが育み続けていくことが、最終目標です。

平面計画ひとつ、ベンチの置き方ひとつ、ルールのつくり方のひとつ、でグランドレベルのクオリティは変わります。私たちは、それらをトータルコンサルティングできる力があるからこそ、クオリティの高いグランドレベルをつくることができます。

\1階づくりはまちづくり/

あなたのグランドレベルを一緒に考えさせてください。