世界のグランドレベル研究

豊かなグランドレベルをつくるヒントは、
世界の日常のなかにこそある

グランドレベルはまちそのもの。だからこそ、世界の「すてきな風景」が続くまちでは、グランドレベルはみんなで共有するものだという意識があります。だからこそ、自分だけではなく、そのまちに暮らす人、働く人、外から来る人たちにとってグランドレベルがどうあるべきかを真剣に考え、デザインし、そして楽しみます。そこに対象の大きさは関係ありません。小さな軒先でさえ、大きなビルの足元でさえ、巨大な都市計画でさえ、その意識を持ってつくれば、その地域の暮らしに寄り添ったあるべき日常の風景がつくれるのです。


私たちは、この「すてきな風景」としてのグランドレベルが、実際にどうつくられているかを日々リサーチしています。たとえば、下記のようなグランドレベルの視点で、その風景を観察し、分析していきます。そこで発見した豊かなグランドレベルをつくるヒントを、それぞれの実践の場で活かしていきます。

どこがインフラなのか?
どこがつくられたハードなのか?
動かせる部分はあるのか?
さまざまな寸法は人々にどう影響しているのか?
素材や光や風は、どうなっているのか?
人々はどうアフォーダンスされているのか?
どこに法制度が表れているのか?
地域の暮らしにどう影響しているのか?

また、これまで観察し、考えてきたことの一部をnoteのブログにて公開し、グランドレベルの視点で考えることの楽しみを、多くの人と共有していければと考えています。