ごあいさつ

1階づくりはまちづくり

 
 私の趣味は、屋台を出すこと。自分のオリジナル屋台を携えてまちに出て、行き交う人々にコーヒーを無料で配っています。小さな屋台を介して「まち」と接していたら、「まち」とは目の高さの視界に、地面や建物の1階にあるんだと気付きました。
 
 海外のエレベーターには「GL」というボタンがあります。日本と違って彼らは1階を「Ground Level(Floor)」と呼びます。1階は「建物」でもあり「まち」でもある「プライベート」と「パブリック」の交差点。彼らはそこが、特殊な領域だと、昔からわかっていたのかもしれません。
 
 道路、公園、広場、川辺…… まちの1階の景色には、切れ目がありません。その切れ目のないまちの1階に日常的に人々の営みを感じられることが、居心地の良い「まち」の基本なのだと思います。
 
 グランドレベルに日常的に人が居るかどうかは、地域性や社会性、そのまちの持続性と密接な関係にあります。1階が変われば、まちは変わる。まちが変われば、ひとも社会も変わります。だからこそ、今、世界のさまざまな都市は、グランドレベルに重点を置いた未来へむけたまちづくりが行われています。
 
 日本のグランドレベルは、計り知れない可能性が、まだ静かに眠ったままです。株式会社グランドレベルでは、あらゆる立場の方々と一緒に、その可能性に触れていきたいと思っています。
 
株式会社グランドレベル
代表取締役社長 田中元子
 
 

趣味ではじめたフリーコーヒーの振る舞い

 

会社設立前に表敬訪問したコペンハーゲンのゲールアーキテクツにて

 

会社設立日に開催した設立パーティーにて